研究員の紹介

折笠 俊輔 (おりかさ しゅんすけ)

AMRプロジェクト プロジェクトリーダー

農業・地域振興研究開発室長/主席研究員

◇経歴
福島県郡山市出身。早稲田大学商学部卒業。
筑波大学大学院ビジネス科学研究科修士課程修了。
精密機器メーカーを経て、2010年より現職。
日本農業経営大学校 非常勤講師。
(マーケティング・営業戦略)小売業の購買履歴データ分析、農産物の流通・マーケティング、地域ブランド、買物困難者対策、地域流通といった領域を中心に、理論と現場の両方の視点から研究活動・コンサルティングに従事。
ID-POSデータ、POSデータ分析の分析技術(データマイニング、統計解析)のスキルを保有。
⇒執筆したコラム・オピニオン

【プロジェクト実績(抜粋)】
  • 内閣府SIP「スマートバイオ産業・農業基盤技術」生産から流通・消費までのデータ連携により最適化を可能とするスマートフードチェーンの構築 グループリーダー(2019年)
  • 内閣府SIP「スマート物流」ドラッグストア・コンビニ等の概念実証 研究責任者(2019年)
  • 施設栽培果物 生食販路支援(民間企業 2019年)
  • 県産農産物地方主要5都市別販路・販売拡大に向けた調査(自治体 2017年)
  • 福島県産農産物等流通実態調査(農林水産省、2017~2019年)
  • 大型農産物直売所リニューアル計画策定業務(民間企業2019年)
  • チャレンジふくしま農林水産物販売力強化事業(商談・交流会等業務)(福島県、再委託 2017年)
  • 農業人材力強化総合支援事業のうち農業経営者育成教育(農林水産省、再委託 2017年)
  • 平成28年度農山漁村6次産業化対策事業のうち流通構造の見える化事業(農林水産省補助事業 2017年)
  • 小売業と地域農業者の連携プロジェクト(一般社団法人 2016年)
  • 物産館新規立ち上げプロジェクト(地方自治体 2015年)
  • 農業法人の営業基盤立て直しコンサルティング(2016年)
  • 宮城県6次産業化「絶品」創出事業 (2018年)
  • 流通業のID-POSデータ活用に関する研究(2010~2015年)
  • 地域の6次化商品、地域ブランディング構築コンサルティング(2015年)
  • 地域農協の流通改善コンサルティング(2014年度)
  • 独立行政法人日本貿易振興機構主催「食品輸出マーケティング講座」カリキュラム作成、講師(2014年~2019年)
  • (公財)流通経済研究所主催 ビッグデータ活用研究会「UREDAS」マネージャー(2014年)
  • 農産物の宅配市場分析 (大手金融機関 2014年)
  • 大手調味料メーカーの新商品開発プロジェクト(2014年)
  • 福島県会津若松市「神明通り商店街の活性化」にかかわる調査事業・プロジェクト・マネージャー(2014年)
  • 農水省補助事業「新規就農・経営継承総合支援事業のうち技術習得支援 (高度農業経営者教育)」カリキュラム策定支援、講師(2012~2015年)
  • 農林水産省補助事業「食料品アクセス問題対策事業」プロジェクト・マネージャー(2013~2015年)
  • 農業生産者・農業法人の流通対策・マーケティング支援(A-FIVE中央サポートセンター 2013年:2件実施)
  • 地域住民による農産物レストラン・直売所立ち上げコンサルティング(地方自治体 2013年)
  • 大型農産物直売所の立ち上げコンサルティング(農業生産法人 2012年)
  • 農山漁村の買物支援事業 (2011年度 農林水産省補助事業)
    ※他多数
【講演実績(抜粋)】
  • 農業データ連携基盤(WAGRI)シンポジウム2020年3月 基調講演
  • JETRO北海道「輸出に向けたマーケティング講座in函館」講師(2017・2019年)
  • JFマリンバンク「マリンバンク全国大会」講演(2019年)
  • ふくしま6次化創業塾 公開講座 講師(2019年)
  • AG/SUM 2019 「スマートフードチェーン」をテーマとしたパネルディスカッション(2019年)
  • JA滋賀中央会 「ファーマーズマーケット連絡協議会」講師(2014年~2019年)
  • 山形県主催 「6次産業ビジネススクール」講師
  • 新潟県主催 2012~2018年度 「買い物弱者支援セミナー」基調講演
  • 農林中央金庫主催「商談力アップセミナー(FCPシート作成等)講師(2015年 複数個所)
  • 糸島市主催「糸島農業経営塾」マーケティング講師(2015年)
  • 福島県主催 「輸出に向けたレベルアップ講座」マーケティング講師(2015年)
  • 新潟県農業大学校主催 「収益力アップを目指す農業経営研修」講師(2015年)
  • 農林中央金庫大阪支店「JA・JF商談会準備セミナー」講師(2015年)
  • 中国銀行・日本政策金融公庫共催「6次産業化セミナー&交流会」基調講演(2014年)
  • (一財)食品産業センター主催「6次産業化支援人材育成研修会」マーケティング講師(2014~2015年)
  • 新潟県立農業大学校・(一社)アグリフューチャージャパン主催 2014年「新潟みらい農業創造塾」講師
  • ※他多数
【論文・著作等】
  • 「買い物困難者の現状とニーズ把握に関する分析―買物困難者推定モデル構築とニーズに合わせた支援方法の考察―」、『Direct Marketing Review』、日本ダイレクトマーケティング学会、2018、17,pp.44-61.(査読付)
  • 宣伝会議主催 販促コンペ 協賛企業賞受賞(日本グッドイヤー社)2018年
  • 『買い物弱者対策に必要な総合生活支援の視点』、朝日新聞社WEBRONZA、2017年掲載
  • 日本マーケティング学会 フードサービス・イノベーション研究会「フードロジスティクスに関する現状と課題」学会報告 2019年
  • 日本卸売学会 学会報告「農産物の流通・物流における課題と展望」2019年
  • 「6次産業化の現状と課題」、日本マーケティング学会、アグリ&アクアフード研究部会報告、2015年6月5日
  • 「買物難民対応へ向けた新しい流通の方向性」、日本商業学会関東部会・日本広告学会関東部会 合同研究会2012年7月14日 フリーセッション
  • (株)プラネット社30周年記念論文「日本の流通の未来」:優秀賞受賞
  • 「ICT技術がもたらす宅配事業のイノベーション」、『生活協同組合研究』、(公財)生協総合研究所、2015年9月号、Vol.476、pp.23-30.
  • 『農業経営 新時代を切り開くビジネスデザイン 』、丸善出版、2015年(共著)
  • 『店頭マーケティングのための POS・ID-POSデータ分析』、日本経済新聞社、2016年(共著)
  • 『インストア・マーチャンダイジング』、日本経済新聞社、2016年(共著)
  • 「実態と意識から探る未来市場戦略」、『日経消費インサイト』、2015年4月号~2016年2月号(連載・共著)
  • 「生活協同組合の買い物弱者支援における実践的モデル構築ー地域インフラとしての生活協同組合のあり方ー」、2014年2月、『生協総研賞・第10回助成事業研究論文集』、生協総合研究所、pp.1-19
  • 「大手小売業における農産商品のポジショニングの変化:進む農産物のプライベート・ブランド化」、『農中総研情報』、2013年9月(No.38)、pp.16-17
  • 「農産物直売所の特徴と課題 ~既存流通との比較から~」、『流通情報』、2013年(No.502)
  • 「流通業におけるデータ活用」、『店舗力向上支援プロジェクト(WEB)』、日経PR社、2012年 ※連載
  • 「ソーシャルメディア活用による顧客インサイトの発見と店頭マーチャンダイジングに向けた示唆」、『流通情報』、2012年3月(No.495)
  • 「地域コミュニティによる草の根の農産物流通と6次産業化」、『流通情報』、2012年(No.496)
  • 「買物難民対応へ向けた新しい流通の方向性」、日本商業学会関東部会・日本広告学会関東部会 合同研究会2012年7月14日 フリーセッション
【その他】
  • 山形県主催「6次産業推進会議」委員(2013年度~)
  • 福島県農業協同組合中央会 アドバイザー(マーケティング分野)(2016~2017年)
  • 山形県「県産米ブランド推進会議」委員(2016年)
  • アグリゲート産地輸出協議会 副会長
  • 富山県「とやま型農業成長戦略モデル推進会議」委員(2015年)
  • (一財)食品産業センター(農林水産省平成27年度6次産業化支援人材育成事業)「6次産業化支援人材育成研修検討委員会」委員(2015年)
  • 経産省 買物弱者・フードデザート問題等の現状及び今後の対策のあり方に関する調査事業:外部有識者委員(2014年)
  • 山形県6次産業 販路開拓推進コーディネーター(2014年度)

石橋 敬介 (いしばし けいすけ)

AMRプロジェクト 主任研究員

石橋写真◇経歴
東京農業大学卒業後、東京青果(青果卸売業)にて葉物野菜の営業に従事。
東京大学公共政策大学院修了、M&A仲介会社勤務を経て、2013年より現職。
明治学院大学 経済学部 非常勤講師(商業政策論)。

社会調査、統計解析、データサイエンスに関する専門性をもとに、生鮮食品流通、消費者購買行動、商業政策等をテーマに活動。
商学分野の主要学会から、データサイエンスによるマーケティングの研究で学会賞を2度受賞。
専門統計調査士、統計調査士。
⇒執筆したコラム・オピニオン

【プロジェクト実績(抜粋)】
  • 内閣府SIP「スマートバイオ産業・農業基盤技術」生産から流通・消費までのデータ連携により最適化を可能とするスマートフードチェーンの構築
    (2019年)
  • 福島県産農産物等流通実態調査(農林水産省 2019年)
  • 直売所移設計画に伴うコンサルティング業務(民間企業 2019年)
  • 卸売市場のM&Aについての調査(民間企業 2019年)
  • 地域産品のブランド力調査(自治体、再委託 2019年)
  • 福島県産農産物等流通実態調査(農林水産省 2018年)
  • 福島県の被災地におけるロジスティクス最適化調査(経済産業省、再委託 2018年)
  • 食品製造業における原料調達動向分析調査(農林水産省 2018年)
  • 農林水産物販売力強化事業(自治体、再委託 2018年)
  • 県産農産物地方主要5都市別販路・販売拡大に向けた調査(自治体 2017年)
  • 福島県産農産物等流通実態調査(農林水産省、再委託 2017年)
  • 国内肥料業界調査(総合商社 2017年)
  • 生鮮食料品流通における新たな情報通信技術等の活用可能等調査(農林水産省 2017年)
  • 農業人材力強化総合支援事業のうち農業経営者育成教育(農林水産省、再委託 2017年)
  • 農山漁村6次産業化対策事業のうち流通構造の見える化事業(農林水産省補助事業 2016年)
  • 県産温室メロン及びわさびの流通・消費実態調査(自治体 2016年)
  • ID付きPOSデータの活用に向けたコンサルティング(大手飲料メーカー 2016年)
  • 小売業と地域農業者の連携プロジェクト(一般社団法人 2016年)
  • 6次産業化人材教育に向けた調査(山形県 2016年)
  • 飲料売場作成店頭実験(大手飲料メーカー 2015年)
  • 店舗活性化のための店頭実験プロジェクト(大手広告代理店 2015年)
  • ビッグデータを活用した新指標の開発(経済産業省 2015年)
  • 若手営業社員向け売場作り研修(大手菓子メーカー 2015年)
  • 提案型営業のための小売業の売場作り研修(青果仲卸業 2015年)
  • 農産物流通実態調査(山形県 2014年、2015年)
  • 店頭販促資材の効果検証実験(大手菓子メーカー 2015年)
  • 地域におけるデータ活用研究会(経済産業省 2014年)
  • カテゴリー・マネジメント研修(大手酒類メーカー 2014年)
  • 消費税の影響に関するレポート作成(小売業 2013年~)
  • 生鮮食品を管理する共通商品コード作成に向けた研究事業(県産業振興公社 2013年)
【講演実績(抜粋)】
  • 埼玉県主催「農産物の流通に関する検討会」講師 2020年
  • 漁業情報サービスセンター主催「スマート水産業研究会」講師 2019年
  • 神奈川県主催「マーケット・イン型農業推進研修会」講師 2019年
  • 農林水産省委託事業 流通経済研究所主催「農産物流通研究セミナー」講師 2019年
  • 全農県本部主催「地場産消費拡大研修会」講師 2018年
  • 民間企業 中国からの視察団に向けた日本の生鮮食品流通の解説 2018年
  • 農林水産省主催「スマート農業推進フォーラム」講師 2017年
  • 青果卸売市場業界団体の理事会での講演 2017年
  • 香川県主催 2017年「かがわ地産地消協力店 地産地消研修会」講師
  • (一社)アグリフューチャージャパン主催 2017年「農業経営力養成講座」講師
  • (公財)流通経済研究所主催 2016年「消費税率引き上げと軽減税率導入対応策研究セミナー」講師
  • 情報システム会社主催 2016年「情報システムセミナー」講師
  • (公財)流通経済研究所主催 2015年~「ID-POSデータ活用基礎講座」講師・グループワークコーディネーター
  • (公財)流通経済研究所主催 2015年「生鮮・惣菜を軸にしたマーチャンダイジング戦略研究セミナー」講師
  • (公財)流通経済研究所主催 2015年「生鮮食品流通研究セミナー」講師
  • (独法)産業技術総合研究所主催 2015年「地域におけるデータ活用プラットフォームシンポジウム」講師
  • (公財)流通経済研究所主催 2014年「商談資料を作成するための市場データ活用セミナー」 講師
  • (公財)流通経済研究所主催 2014年「戦略セミナー 今求められるリアル店舗の活性化」 講師
  • (公財)流通経済研究所主催 2014年「提案型営業力育成講座」講師
  • (公財)流通経済研究所主催 2013年「消費税率引き上げに勝つためのセミナー」講師
  • 全国の県庁・県農大主催 2013年~ 農業者教育講座で講師を務める(宮城、山形、新潟、群馬、福岡、大分)
【論文・著作等】
  • 「商品異質性を考慮した価格反応の消費者異質性分析」、『マーケティング・サイエンス』、2019年6月
  • 「POSデータと階層ベイズモデルによる品目レベルのコメの価格弾力性推定」、『フードシステム研究』 2019年3月
  • 「階層モデルによる非計画購買率の推定と生鮮売場づくりの提案」、『流通情報』、2018年7月(No.533)
  • 「生鮮食品流通の変化と産地側の対応策~スーパーマーケットのバイヤーアンケート調査から~」、『流通情報』、2016年11月(No.523)
  • 「スーパーマーケットにおけるショッパーの時間に対する意識と購買行動」、『流通情報』、2014年11月(No.511)
  • 『消費者購買行動年鑑』執筆、2013年~
【その他】

学会活動

  • 日本行動計量学会 広報委員
  • 日本フードシステム学会 会員
  • 日本商業学会 会員
  • 日本マーケティング・サイエンス学会 会員

学会報告

  • 「階層化した項⽬反応モデルによる計画・⾮計画購買率の推定」日本マーケティング・サイエンス学会全国大会 2019年12月(共同発表者:山崎泰弘、鈴木雄高、尾崎幸謙)
  • 「機械学習による Web 調査の不適切回答者抽出」日本行動計量学会大会 2019年9月(共同発表者:尾崎幸謙、鈴木貴士、前田忠彦)
  • 「購買履歴データを用いた商品特性の付与と消費者特性の推定」日本行動計量学会大会 2019年9月(共同発表者:尾崎幸謙)
  • “Consumer Heterogeneity Analysis Considering the Stage of Purchase Decision Making and Product Heterogeneity” ISMS Marketing Science Conference 2019年6月(共同発表者:伴正隆、尾崎幸謙)
  • 「購買の段階と商品異質性を考慮した価格反応の消費者異質性分析」日本マーケティング学会消費者行動と価格戦略研究会 2019年5月
  • 「階層化した項目反応モデルによる計画・非計画購買率の推定」日本商業学会関東部会 2019年4月
  • 「項目反応理論の応用による消費者異質性と商品異質性の同時分析」日本行動計量学会大会 2018年9月(共同発表者:伴正隆、尾崎幸謙)
  • 「商品異質性を考慮した価格反応の消費者異質性分析~切片を2つ持つモデルを使用して~」日本マーケティング・サイエンス学会全国大会 2018年6月
  • 「POSデータと階層ベイズモデルを用いたコメ需要の価格弾力性の推定」日本フードシステム学会大会 2018年6月
  • 「項目反応理論を用いた消費者別価格反応度の推定」日本行動計量学会大会 2017年9月(共同発表者:尾崎幸謙)
  • 「項目反応理論を用いた多様な価格反応パターンの分析」日本マーケティング・サイエンス学会合同部会 2017年2月

吉間 めぐみ (よしま めぐみ)

AMRプロジェクト 主任研究員

◇経歴
明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科 グローバル・ビジネス専攻修了。商社、旅行会社、農業コンサルティング会社を経て2016年より現職。
専門は、海外農業生産・流通調査、農産物物流(主にトラック物流)調査・支援、マーケティング・ブランディグ戦略作成、農産物商品開発・ブラッシュアップ、国内農業生産・流通調査、農業者支援(生産性向上、販路拡大、商品開発、事業承継など)、アフリカ農業に関する調査・コンサルティング・事業立ち上げ支援など。
⇒執筆したコラム・オピニオン

【プロジェクト実績(抜粋)】
  • 内閣府SIP「スマートバイオ産業・農業基盤技術」生産から流通・消費までのデータ連携により最適化を可能とするスマートフードチェーンの構築(2019年)
  • 内閣府SIP「スマート物流」ドラッグストア・コンビニ等の概念実証(2019年)
  • 千葉市「食のブランド化」推進事業委託業務(千葉市 2019年)
  • 直売所移設計画に伴うコンサルティング業務(民間企業 2019年)
  • 農業資材の農業者購入価格に関する調査委託事業(農林水産省 2019年)
  • 世界食料需給動向等総合調査・分析関係業務(北米・オセアニア地域における食料需給現地情報収集・分析業務)(農林水産省 2019年)
  • 施設栽培バナナ 生食販路支援(民間企業 2019年)
  • ニュージーランドにおけるえんどうの生産状況等に関する調査(独立行政法人 2019年)
  • カナダにおける馬鈴薯の生産状況等に関する調査(独立行政法人 2019年)
  • 世界食料需給動向等総合調査・分析関係業務(北米・オセアニア地域における食料需給現地情報収集・分析業務)(農林水産省 2018年)
  • 食品製造業における原料調達動向分析調査(農林水産省 2018年)
  • 6次化産品商品開発支援(自治体 2018年)
  • 農業関連企業への投資DD(民間企業 2018年)
  • 商談会へのバイヤー招聘事業(民間企業 2018年)
  • 米国における野菜の生産状況等に関する調査(独立行政法人 2018年)
  • カナダにおけるトマトの生産状況等に関する調査(独立行政法人 2018年)
  • 福島県産農産物等流通実態調査(農林水産省、再委託 2017年)
  • 国内肥料業界調査(総合商社 2017年)
  • わが国牛肉輸出未解禁国における輸出環境及び高級牛肉流通・販売状況等に係る調査(公益社団 2016年)
  • 農水産品マッチング・コーディネート事業(自治体 2016年)
  • オランダにおけるパプリカの生産状況等に関する調査(独立行政法人 2016年)
【講演実績(抜粋)】
  • 秋田県中小企業団体中央会「消費者ニーズの把握と取引に結び付ける情報の受発信について」講師(2019年)
  • マーケティングアドバンスド講座講師(2019年)
  • 駐日オランダ大使館における、トマトとパプリカの市場分析に関する講演(※英語) 2016年
  • 各地農業経営塾 カリキュラム作成、講師、ティーチングアシスタント
【論文・著作等】
  • 「生産者と実需者の農産物流通に対する課題認識とagreach(アグリーチ)サービルの貢献」『流通情報』、2017年7月(No.527)
【その他】
  •  

佐々木 舞香 (ささき まいか)

AMRプロジェクト 研究員

◇経歴
東京外国語大学外国語学部卒業
フォワーダーにて海外代理店/現地法人の窓口業務に従事し、平成31年流通経済研究所入所。
統計調査士。国内外の調査業務(日本語、英語、ロシア語)。
IATA(国際航空運送連合協会)公認ディプロマ資格保有。航空・海上の貿易実務経験あり(輸出入)。

【プロジェクト実績(抜粋)】
  • 福島県産農産物等流通実態調査(農林水産省 2019年)
  • 千葉市「食のブランド化」推進事業委託業務(千葉市 2019年)
  • 世界食料需給動向等総合調査・分析関係業務(農林水産省 2019年)
  • 内閣府SIP「スマートバイオ産業・農業基盤技術」生産から流通・消費までのデータ連携により最適化を可能とするスマートフードチェーンの構築(2019年)
  • 直売所移設計画に伴うコンサルティング業務(民間企業 2019年)
  • 施設栽培バナナ 生食販路支援(農協 2019年)
  • 卸売市場のM&Aについての調査(民間企業 2019年)
  • アグリマルシェ開催の運営事務局業務(民間企業 2019年)
  • 海外への食品出荷手配業務(航空、海上)
  • 海外における輸出入規制情報の調査
【講演実績(抜粋)】
  • JICA主催ABEイニシアティブのプログラムにて、アフリカの若者へ国際物流の講座
【論文・著作等】
  •  
【その他】
  •  

中島 彰一(なかしま しょういち )

AMRプロジェクト 研究員

◇経歴
早稲田大学社会科学部社会科学科卒業
自治体職員として、障害者福祉分野・危機管理分野の業務に従事
法律系書籍を発行する出版社で編集業務に携わった後、令和元年流通経済研究所入所。
統計調査士資格を保有。

【プロジェクト実績(抜粋)】
  • 福島県産農産物等流通実態調査(農林水産省 2019年)
  • 農林水産分野におけるIT利活用推進調査(農林水産省 2019年)
  • 輸出環境整備緊急対策事業のうち日本産食品の安全性に関する第三者評価(農林水産省 2019年)
  • 内閣府SIP「スマートバイオ産業・農業基盤技術」生産から流通・消費までのデータ連携により最適化を可能とするスマートフードチェーンの構築(2019年)
  • 行政計画策定・進捗管理
  • 自治体例規整備
  • 福祉施設監査
  • 大規模防災訓練運営
  • 月刊誌編集
【講演実績(抜粋)】
  • 自立支援協議会における研修会講師
  • 市民後見人養成講座講師
  • まちづくり出前講座(防災)講師
【論文・著作等】
  •  
【その他】
  •